任意加入と付加年金の例

taisyokukin

年金額を満額に近づける方法として「任意加入」の制度があります。「任意加入」とは、国民年金保険料の納め忘れなどの期間があって、保険料納付済期間が40年(480月)に届かず、満額の老齢基礎年金を受け取れない人が、60歳から65歳になるまでの間に国民年金へ任意加入して保険料を支払うことで、満額に近づけることができる制度です。

なお、公的年金の額そのものを増やす制度ではありませんが、自営業者のための上乗せの年金制度としては、付加年金や国民年金基金があります。重複して加入することはできませんが、付加年金は2年で元が取れる、実質利回りが非常に高い制度です。ただし、掛金が少ない分、受取り額も少ないので、利用できる人は国民年金基金のほうを検討すべきでしょう。

■2年分を任意加入すると

778,500円×456月/480月=739,575円→739,600円(2年分未加入の場合の年金額)

778,500円-739,600円=38,900円(満額との差額)

国民年金保険料15,040円×24月=360,960円(2年分任意加入した場合の保険料)

             →10年以上年金を受け取れば元が取れる計算に

※年金額は平成25年10月から平成26年3月までの価額。保険料は平成25年度価額。

■自営業者のための付加年金と国民年金基金

〈付加年金〉
月400円の付加保険料を国民年金保険料に上乗せして支払うと、「200円×保険料払込月数」が年金額に上乗せされて支給される。

〈例〉
5年間付加保険料を支払ったとすると…
400円×60月=24,000円

200円×60月=12,000円が毎年受け取れることになる。
つまり、2年受給すれば元が取れる計算に。3年め以降は全額が利益となる。

〈国民年金基金〉
毎月掛金(上限68,000円)を支払うと、その全額が所得控除になる節税効果や、老齢基礎年金に上乗せして65歳から受け取れる終身年金や確定年金、または60歳から受け取れる確定年金も選択できる。現在の予定利率は1.75%(平成26年4月以降は1.5%)。

〈受取方法の種類〉
65歳からの受取り : A型(15年保証期間付終身)、B型(保証期間なし終身)、I型(15年確定年金)、Ⅱ型(10年確定年金)
60歳からの受取り : Ⅲ型(15年確定年金)、Ⅳ型(10年確定年金)、V型(5年確定年金)

(続く)